メインコンテンツまでスキップ

Firebaseの機能を利用する際の注意点

このアプリケーションでは、開発環境 - Firebaseの機能を利用するに記載されている設定をすることで、Firebaseの機能を利用できます。

ただし、いくつか注意点があるため、ここではそれらについて説明します。

Firebaseの設定ファイルがダミーの場合はFirebaseの機能を利用できません

Firebaseの設定ファイルは、以下の場合にダミーの設定ファイルが使用されます。

  • ビルドタイプがDebug、かつプロダクトフレーバーがDevSantokuAppの場合
  • ビルドバリアントごとの設定ファイルを格納しなかった場合

ダミーの設定ファイルが使用された場合は、Firebaseの機能を利用できません。

ビルドタイプがDebug、またはDebugAdvancedの場合は、アプリクラッシュ時にFirebase Crashlyticsにログを送信できません

ビルドタイプがDebug、またはDebugAdvancedの場合は、React Nativeがアプリで発生したエラーをインターセプトしてLogBoxを表示します。React Nativeがエラーをインターセプトするため、Firebase Crashlytics SDKではエラーを捕捉できず、Firebase Crashlyticsにはログが送信されません。