メインコンテンツまでスキップ

Firebaseの機能を利用する

Firebaseの機能を利用するためには、Firebase SDK用の設定ファイルを配置する必要があります。リポジトリにはダミーのファイルが格納されています。対象OSとビルドバリアントごとの設定ファイルは、別途入手する必要があります。

それぞれのビルドバリアントは、異なるアプリとしてFirebaseプロジェクトに登録されています。

iOS用には、次の命名ルールでios/SantokuApp/Supportingに設定ファイルを格納します。これらのファイルのうち、ビルド時に指定されたビルドバリアントと対応するファイルが、ios/Supporting/GoogleService-Info.plistとしてコピーされます。

ios/SantokuApp/Supporting/GoogleService-Info.<Scheme>.<Configuration>.plist

ビルドバリアントごとの設定ファイル名は以下になります。

ビルドタイプ(Configuration)プロダクトフレーバー(Scheme)設定ファイル
DebugDevSantokuAppなし
DebugSantokuAppGoogleService-Info.SantokuApp.Debug.plist
DebugAdvancedDevSantokuAppGoogleService-Info.DevSantokuApp.DebugAdvanced.plist
DebugAdvancedSantokuAppGoogleService-Info.SantokuApp.DebugAdvanced.plist
ReleaseInHouseDevSantokuAppGoogleService-Info.DevSantokuApp.ReleaseInHouse.plist
ReleaseInHouseSantokuAppGoogleService-Info.SantokuApp.ReleaseInHouse.plist
ReleaseDevSantokuAppGoogleService-Info.DevSantokuApp.Release.plist
ReleaseSantokuAppGoogleService-Info.SantokuApp.Release.plist
注記

以下のどちらかに該当する場合は、ダミーの設定ファイル(GoogleService-Info.Dummy.plist)が使用されます。

  • ビルドタイプがDebug、かつプロダクトフレーバーがDevSantokuAppの場合
  • ビルドバリアントごとの設定ファイルを格納しなかった場合

ビルドバリアントの詳細については、ビルドを参照してください。