メインコンテンツまでスキップ

開発用証明書でローカルデバイスにインストール

プロジェクトのビルド設定でDebugAdvanced(高度なAppの機能)とRelease(リリースビルド)を検証するときは開発用証明書を利用してビルドします。リソースをプロジェクトで利用するためにいくつか設定が必要になるので、その手順を紹介します。

ビルドの方法はiOSアプリのビルドとほとんど同じです。選択するビルド設定やプロビジョニングプロファイルなどが異なります。 ビルド設定の詳細はこちらを参照してください。

プロビジョニングプロファイル#

ADPのTestFlightやADEPのIn-Houseのように配布しない場合、プロビジョニングプロファイルを作成するときにインストールするデバイスが登録していなければいけません。

デバイスが登録されているプロビジョニングプロファイルを利用してください。 利用するプロビジョニングプロファイルを作成したときに紐付けた証明書のインストールも必要です。

選択するビルド設定#

高度なAppの機能を手元の端末で検証する場合はDebugAdvancedを選択してください。 リリースビルドを検証するときはiOSアプリのビルドと同じ手順です。

に最終更新