よくあるユースケース

モバイルアプリケーション開発時によくあるユースケースについて、利用するライセンスや手順を紹介します。
ユースケース毎にiOSとAndroidのタブがあるので、配布したいOSに切り替えてください。

開発中のアプリを開発者のデバイスで動作確認したい#

開発中にデバイスで動作確認したいときのアプリのインストール方法を紹介します。

iOSでプッシュ通知などのAppの高度な機能を使用するアプリの場合は、ADP・ADEPライセンスの証明書、プロビジョニングプロファイル、デバイスが必要です。USB経由でデバイスにインストールするのが最も簡単ですが、デバイスをADP・ADEPライセンスに登録する必要があります。ADP・ADEPに登録できるiPhoneは契約毎に100台という厳しい制限があるので、できればUSB経由ではなくTestFlightまたはIn-Houseでの配布をおすすめします。

Appの高度な機能を含まない場合は、個人のApple IDに紐づく証明書、プロビジョニングプロファイル、デバイスを使用できます。 こちらもiOSのAppの高度な機能を含むアプリの場合と同様にTestFlightまたはIn-Houseでも配布できます。

お客様にデモを見せたい#

開発チームが開発用端末を操作してお客様にデモを見せたい​​​​​​​ケースでは デモの前にあらかじめ、開発用デバイスにアプリをインストールしてください。 開発中にデバイスで動作確認する場合と同様です。

社内や業務委託先でテストをしたい#

ADEPライセンスでのIn-House配布か、ADPでのTestFlight(内部テスター)の2つが適切です。 両者はデバイス登録台数制限と配布方法が異なります。プロジェクトの要件に応じて選択してください。

ADPのTestFlight(内部テスター)ADEPのIn-House配布
テスター登録Apple IDをADPライセンスに登録する必要がある不要
テスター人数制限100人までなし
デバイス台数制限1人につき30台までなし
配布方法TestFlight経由自前のHTTPSサーバ経由

お客様や関係者に実機でテストをしてもらいたい#

TestFlight(外部テスター)の場合、テスターであるお客様をApp Store Connectのユーザに登録することなく、パブリックリンクを介してお客様のデバイスにアプリを配信できます。もしお客様自身でADP・ADEPライセンスを契約している場合は、そのライセンスを使ってアプリをお客様に配信できます。この場合は、IPAファイルをビルドする時に、お客様の証明書、プロビジョニングプロファイルなどが必要です。

フィールドテストをしたい・ベータリリースしたい#

iOSの場合、TestFlight(外部テスター)ならパブリックリンクで誰でもインストールできます。また外部テスターとしてお客様のメールアドレスを登録して招待コードを送信すれば、お客様側でアプリをインストールできます。

Last updated on