メインコンテンツまでスキップ

開発者アカウントでデバイスにインストール

UIや操作感を確認するため、シミュレータではなく実際のデバイスで検証したい場合でもプロビジョニングプロファイルが必要です。

開発時のAppの高度な機能の検証や、リリースビルドしたアプリの検証をしない場合、開発者アカウントに紐づいたプロビジョニングプロファイルを利用できます。

ADP・ADEPに紐付いたデバイスはライセンス毎に台数制限があるため、不用意にデバイス登録台数を増やしたくない場合は開発者アカウントを利用して開発できます。

インストール#

ADP、ADEPはApple Developer Webサイト(要ログイン)でリソースを作成しますが、開発者アカウントの場合Xcodeで作成します。

デバイスにアプリをインストールし起動する以外は、すべてXcodeにて作業します。 個人アカウントの証明書が作成できている場合は開発デバイスの登録から進めてください。

  1. 個人アカウントのApple IDの登録
    • Xcodeにて個人のApple IDを登録します
  2. 個人アカウントの証明書の作成
    • Personal Team(個人のApple ID)に紐づいた証明書を作成します
    • ここで誤ってADP・ADEPのTeamを選択しないことが重要です
  3. 開発用デバイス登録
    • 開発用デイバイスをMac端末に接続してXcodeに登録します
  4. 個人アカウントの紐付け
    • 前手順で作成した証明書を紐付ます
    • ビルド設定ファイルのテンプレートに個人のApple ID情報を記入します
  5. デバイスにアプリをインストール・起動
    • 初めてアプリを起動する際には、デバイスでアプリを信頼する必要があります

個人アカウントのApple IDの登録#

  1. メニューバーの「Xcode」>「Preferences」>「Apple ID」を開き、左下+をクリック
  2. Apple IDを選択しContinueをクリック
  3. Apple IDとパスワードを入力
  4. 登録したApple IDが表示されればOK

個人アカウントの証明書の作成#

  1. メニューバーの「Xcode」>「Preferences」>「Apple ID」を開き、Teamの個人IDを選択し、「Manage Certificates」をクリック
  2. 左下の+をクリックしApple Developmentをクリックし、自分の開発用端末の証明書を作成する
  3. 自分の開発端末の証明書が表示されているのを確認し、Doneをクリック

開発デバイスの登録#

  1. Xcodeを起動した状態で、iOS端末を自分の開発用端末にUSB接続する
  2. 接続時にパスコードなどを入力
  3. Xcode左上部(再生ボタン、停止ボタンの左)をクリックすると、先ほど接続したデバイスが表示されるのでデバイスを選択

Xcodeでの個人アカウントの紐付け#

  • ビルド設定値ファイルのテンプレート(アプリのルートフォルダ直下のPersonalAccount.xcconfig.template)を編集してApple IDの追加
    • CODE_SIGN_STYLEAutomatic に設定
    • PERSONAL_IDENTIFIER は他の人と重複しない値に設定(Bundle Identifierのサフィックスとして利用されます)
    • DEVELOPMENT_TEAM は、個人のApple IDのDEVELOPMENT_TEAMを設定
      • 個人のApple IDのDEVELOPMENT_TEAMの確認方法
        • 別途Xcodeでサンプルアプリを作成する
        • ConfigurationにてCODE_SIGN_STYLEをAuto Signingに指定し、個人のApple IDでビルドを設定する
        • 設定終了後、サンプルアプリのproject.pbxproj中のDEVELOPMENT_TEAMを確認する → これが個人のApple IDのDEVELOPMENT_TEAM

トラブルシュート#

以下のようなエラーが出てConfigurationのエラーが消えない場合は、Xcodeを再起動すると解消される可能性があります。再起動の際は必ずXcodeのメニューからQuitを選択してXcodeを一度終了してください。

No signing certificate "iOS Development" foundNo "iOS Development" signing certificate matching team ID "D9MUZCM4X6" with a private key was found.

開発用デバイスへのアプリの起動#

初回起動時にはインストールしたメンバーが証明書を信頼する必要があります。

アプリ初回起動の場合、ポップアップがでて起動できません。 起動できるようにするため、エンタープライズデベロッパを信頼してください。

  1. 設定アプリから「一般」>「プロファイルとデバイス管理」で、該当するエンタープライズデベロッパを選択
  2. 「XXXを信頼」という青い文字を選択
  3. ポップアップで信頼を選択

信頼を選択したあと、デバイスでアプリをタップすると起動できるようになっています。

に最終更新