メインコンテンツまでスキップ

APKファイルでAndroidアプリを配布

Google Play経由ではなく独自配布をするケースではAPKファイルをWebサイトなどで配布し、インストールします。 (ここではAzureを例にして)クラウドストレージからダウンロードしてインストールする方法を紹介します。

アプリのビルドはAndroidアプリのビルドを参照してください。

ビルドしたアプリのダウンロード#

Azureを利用した例としてAzure Blob Storageを利用します。

リソースに対してベーシック認証をかける機能はありませんが、Shared Access Signatureという機能を使って一定期間で無効となるURLを発行できます。 詳細はMicrosoft Docs: Azure Storage: Shared Access Signatures (SAS) でデータの制限付きアクセスを付与するを参照してください。

  1. Azure Blob Storageにて、対象のリソースで右クリックして「Shared Access Signatureの取得」を選択
  2. 公開時間、アクセス権限などを設定
  3. URLが発行されるので、テスターにURLを通知
  4. テスターはAndroidデバイスでAPKファイルをダウンロード
  5. デバイスでダウンロードしたAPKファイルをインストール

ダウンロードしたAPKファイルをファイルアプリなどで開くとインストールできます。

デバイスへのインストール#

デバイスのファイルアプリでダウンロードしたAPKファイルをタップすると、以下が表示されるので許可します。なお、不明なアプリのインストールについてはOSバージョンごとに手順が異なります。

  1. 「インストール」をタップします。
  2. Playプロテクトにブロックされたら、「インストールする」をタップします。
  3. アプリがインストールできたら、「開く」をタップします。
に最終更新